プレイ前とプレイ後、口説くならどっち!?

恋愛において難しいのが「どのタイミングで告白するか」というところです。
デートに行って、ご飯を食べる前がいいのか、それともご飯を終えて彼女を家に送るときがいいのか…いろいろと悩むところでしょう。

風俗においても嬢を口説くにはいろいろなタイミングがあります。
プレイ前がいいのか、プレイ後がいいのか、それとも全く別のタイミングがいいのか。
それぞれのメリットやデメリットについて考えてみました。

◆プレイ前に口説く場合
デリヘルなどの場合、ホテルなどでプレイすることになります。
そのため、周りの干渉を受けずにじっくりプレイを楽しめるという利点があります。
逆に風俗嬢としては「周囲から隔絶された空間」であり、怖いと思う子も少なからずいるのです。
怖いと感じていなくとも、やはり多少の緊張はあるもの。
そのため人によっては、プレイ前はガチガチなんてこともあります。

そういったタイミングに告白をしようものなら、相手はパニックを起こすかもしれません。
「断ったら逆上しないだろうか」「この後のプレイに影響しそう」と困ってしまうのです。
よほど相手との距離感が近くないならば、プレイ前の告白は避けるべきです。
せめて「○○ちゃんのこと好きなんだ~」くらいの、冗談とも褒め殺しとも聞こえるくらいにとどめておきましょう。

◆プレイ後に口説く場合
プレイ後はお客としても嬢としてもリラックスしている瞬間です。
一服してお互いにプレイの感想を言い合ったりすることもあるでしょう。
そうした時間に告白をしたならばどうなるのでしょう?
もしプレイが充実していたならば、嬢としても悪い気はしないはずです。
たとえこちらに気が無くとも、笑顔で応えてくれることでしょう。
ただプレイが強引だったり乱暴だったりした場合は「この人は何を言ってるの?」という気持ちになってしまいます。
あれだけめちゃくちゃにして、心まで傷つけるのかと被害妄想に陥ってしまうのです。

告白前に、自分がどんなプレイをしていたかを思い出しましょう。
もし優しくできなかったのなら、プレイ後の告白は厳禁です。

◆相手との距離感が大切
恋愛において何よりも重要なのは相手との距離感です。
告白をするタイミングもこの距離感によって決定されていきます。
プレイ前・プレイ後とそれぞれに注意点がありますが、いずれにせよ、相手と自分の心の距離がどのくらいなのかを知らなくては意味がありません。

何でも言い合えるような親しい仲ならば、どのタイミングでも悪い結果にはなりにくいものです。
プレイ前に伝えれば、ラブラブなプレイができるでしょう。
プレイ後ならば、「じゃあもう一回する?」「この後、ご飯行っちゃう?」と話も弾むかもしれません。

どのタイミングで告白しよう、と悩むよりも相手の距離感を大切にするようにしておきましょう。

ページ上部へ戻る